こんにちは。江戸川区にあるひまわり学習教室の齊藤です。

皆さんの周りには、学習障がい(もしくは、ちょっと変わった子・
一部のことだけとても苦手な子)
はいらっしゃいませんか?

彼らはグレーゾーンと呼ばれ、塾や学校で問題児扱いされてしまうこともあります。

仕事がらそういったお子様の保護者の方々にお会いすることが多いのですが、
皆さん、一様に「うちの子は将来どうなってしまうのでしょうか」とお悩みです。

しかし、私はそれほど悲観することはないと考えています。

もし障がいが重度の場合、東京都では「愛の手帳」と呼ばれる手帳が交付され、様々な行政サービスが受けられます。
また、相談窓口も多く設置され、「なんとか暮らしていく」ことは可能です。

軽度の障がいの場合や、そもそも診断を受けていない場合は、少し問題が複雑です。

”特別支援学校に行かないといけない”とまでは言えないが、友人関係がうまくいかないことがあったり、勉強面で苦労する。
そういった場合、どう対応すればよいでしょうか。

一つは「全く普通の子として扱う」ことです。少し変わった点や不得意なことがあっても、
皆誰しも同じような悩みを抱えているのだから、特別な配慮はしません。

「普通の子ができることは、できろ!」と指導するわけです。

診断はおりていないが、障がいが疑われるお子様がいるご家庭では、たいていこの対応です。

実は、軽度障がいの場合、確かに個性と言ってしまえばそれまで、ということも多く、
この対応で何とかなることも非常に多くあります(私自身、この育てられ方をしました)。

しかし、一つ大きな欠点があります。それは、「保護者も本人も、とてもつらい」ということです。
出来ないことを「出来ろ!」と言い続ける・言われ続けるのは、とても大変です。

私は子どものころ、今でいうADHDのケがありましたが、字が下手だと「きれいにゆっくり書け!」と怒られ、
ゆっくり書いていると「もっと早く書け!」と怒られました。大変なストレスだった記憶があります。

では、どんな対応をすればいいのか。次回はその内容について書きたいと思います。

葛西の発達障がい・ADHDのお子様のための塾 ひまわり学習教室問い合わせフォーム